横浜の刺繍教室・Apéro-時を紡ぐ-

の口コミ情報

代表自らが買い付けた手芸の材料が購入できます

店内では、手芸に使う材料を販売しています。中には、代表が自ら海外で買い付けたアンティークのビーズやスパンコールもございます。国内ではあまり手に入らない貴重な一品もあり、売切れてしまえば同じものを入荷できる保証はないため、アンティークの材料をお探しのお客様は早めのご来店をおすすめいたします。

気になる材料があれば、お声がけいただけましたらスタッフからご説明いたします。購入いただいた材料を使って、そのまま作業スペースで作業をしていただくのも大歓迎です。

Aari刺繍を超越したAari刺繍をご提案しています

本家本元のAari刺繍や、他の教室では学ぶことができないオリジナルの技法がいくつかございます。日常生活を送りながら、感じることや生きる上での精神から生まれていく技法も多く、その中の一つに「ネガティブスペースを空けて刺繍をする」ということがあります。ごく一般的な刺繍では、刺繍部分を全面埋めて素材で満たされた状態にすることを学んでいきますが、それとは異なり隙間の刺繍を行わないということを、テクニックとして指導しています。

実は、全面が装飾された刺繍よりは、余白をある程度設けたデザインの方が、見ている人を安心させる効果があると言われています。人の心と同じように、余白や余裕がある場合には新しい情報や他者を受け入れやすくなり、絶妙なバランスで遊びのある作品を作ることができます。何もしないということを恐れず、自由な発想で作品が作れるようにお手伝いいたします。

Aari刺繍を通して創造力や選ぶ力が養われます

レッスンのカリキュラムは先に進むにつれて、装飾に使うビーズやスパンコール、ステッチの糸の色などを自分で選ぶことで、同じテクニックを駆使しても作り手によって全く違った作品が生み出せるという面白さを感じていただけるようになります。また、レッスン生同士がお互いの作品を鑑賞することで、学び合いの機会になり創作活動のヒントを得られるのも、グループレッスンを行うメリットと言えるのではないでしょうか。

サンプルどおりの作品を作る訳ではないため、糸の色やスパンコールの色が一色でも違えばどのような変化が生まれるのかなど、先を見通しながら作っていく力も養うことができます。そして、デザインのみ先に決まっている場合には、当然のことながら材料選びから始めなくてはいけません。このように、目の前の課題をこなしていくだけで、本来の作品作りに必要な先を見通す力と選択する力を自然と学べる環境となっています。

丁寧なレッスンとフォロー体制でAari刺繍を楽しく学べる

Aari刺繍で大作を作り上げるには、チェーンステッチという単純作業を何時間、何十時間と続けていく必要があります。一針わずか1ミリ~2ミリしか進みませんが、単純作業を続けていくうちに無心になり、瞑想的時間を手に入れることができます。そうして少しずつ時間をかけて作り上げた大作が完成を迎えた時には、達成感に満ち溢れていると思います。無心になって作業に没頭できる事や、大きな達成感を感じることができるというのが、緻密な作業を必要とするAari刺繍の大きな魅力の一つです。

レッスンをお受けいただく場合、初心の方は手刺繍からスタートいたしますが、独特のテクニックを駆使して刺繍ができるようになるまでには、手刺繍といっても大変な時間がかかります。自分がイメージしたとおりに進まないという場合には、スタッフがしっかりとフォローしていきますので、安心して作品づくりを楽しんでいただければ嬉しいです。