Service

Aari刺繍の素晴らしさを伝えられる場所を目指します

誰もが潜在的に持つ創造力を引き出して物づくりを行います

12世紀にインド北部のバラバンキで生まれたと言われているAari刺繍は、特殊なかぎ針を使ってチェーンステッチを繋いでいくフックワークというテクニックを駆使した刺繍です。一針1ミリ~2ミリ程度と本当に少しずつ進んでいくため、大作を創るには何か月もかかることもあり、作品を作り上げた時には達成感で満ち溢れています。

そんなAari刺繍を通して、多くの人の幸せを創りだすことを目指して、体験的手芸空間を提供しています。

Aari刺繍のこと

Aari刺繍のとは 発祥は、

インド アリワーク〈アリワーク/アリ刺繍= Aari work 〉は12世紀にインド北部のバラバンキで生まれたといわれ、16世紀にムガール帝国の王族に好まれて大きく発展した刺繍です。 アリワークの伝統的なデザインはペルシャの影響を受けて、草木や花、果物など自然のものが用いられていましたが、現代では幾何学的なデザインやくり返しパターンも多く見られます。


その後、ヨーロッパへ

アリワークは18世紀にペルシャを通じてヨーロッパにもたらされ(ポルトガル人がアリ職人をインドからフランスに連れて行ったなど諸説あり)イギリスやフランスにタンブール刺繍〈tambour embroidery〉として伝わりました。タンブール〈tambour〉はフランス語ではドラムを意味し、丸い枠にピンと布や革を張った刺繍の道具のことです。


そして、パリへ

フランスではパリ北部のヴーヴェで18世紀中ごろから発展し、ルイ15世の時代にポンパドール婦人に寵愛され、ポワンドヴーヴェ〈Point de Beauvais〉と呼ばれるようになりました。 また、19世紀初頭よりリュネヴィル地方で発展したものは、リュネヴィル刺繍〈Luneville embroidery〉と呼ばれ、オートクチュールの刺繍に多く用いられています。 東欧のスロバキアのdetva(デトバ)という町にはdetva embroidery(デトバ刺繍)というかぎ針刺繍があります。  タンブール刺繍やポワンドヴーヴェが現代では趣味的な位置にあるのに対し、リュネビル刺繍やアーリワークが現代でも職業的な位置にある理由は、ビーズやスパンコールなど多種多様な素材を扱い、効率的に布に装飾を施すことができるテクニックであり、現代でも需要があるからだと思います。 1840年頃にタンブール刺繍と同様の刺繍ができるミシンが開発されたため、糸のみでステッチをするタンブール刺繍やポワンドヴーヴェは商業的にはミシンにとって代わられたのでしょう。


職業的に発展

タンブール刺繍やポワンドヴーヴェが現代では趣味的な位置にあるのに対し、リュネヴィル刺繍やアリワークが今日、職業的に発展した理由はビーズやスパンコールなど多種多彩な素材を用いて、効率的に布に装飾を施すことができるテクニックが現代の需要に応えている、からだと考えられています。  出典:Traditional Aari Embroidery of Nelie Rubina (https://nelie-rubina.work/)

Aari刺繍をアート作品として鑑賞できるスペースをご用意

店内には、Aari刺繍のレッスンを行う教室以外にも、作品を展示できるスペースをご用意しています。ビーズやスパンコールを使った鮮やかな装飾が楽しめる作品の数々をご覧いただけるだけではなく、ご購入もできます。創作活動をされている作家様には、ご自身の作品をお披露目する場としてもご活用いただけますので、ご自宅やアトリエに眠っている作品があれば、どなたでも気軽に作品を世に出せる場としてご活用いただければ嬉しく思います。

Aari刺繍は、上達すればするほど使う生地や装飾など選択肢の幅が広がって、様々な作風を楽しめるのも、手芸作品としてではなく、アート作品としても楽しめるポイントです。多くの作家様に作品を展示していただき、ご来店いただく方の創作活動にヒントを与えられるようなスペースを目指します。

レッスンは対面とオンラインからご都合に合わせて選べます

現在も刺繍家として第一線で活躍する代表が、Aari刺繍の歴史や特長から実際のテクニックまで、様々なことを教えるレッスンは、多くの受講生から好評いただいています。受講生は、生涯の趣味として取り組む方からプロの刺繍家を目指す方まで幅広くいらっしゃいますので、どなたでも気軽に受講いただけるレッスンです。全く刺繍についての知識がないという場合でも、一から丁寧に指導いたしますので、安心です。

これまでに経験がある方や、既にご自身で創作活動を行っていらっしゃる方に向けて、中級・上級コースも設置していますので、学びたい内容に合わせた受講ができます。また、遠方にお住まいの方や、まとまった時間で家を空けることが難しいという方に向けて、オンラインレッスンもご用意しています。

作業用にご用意しているスペースは様々な用途に対応いたします

店頭で手芸用の材料やキットをご購入いただいた後、そのまま作業ができるように作業部屋をご用意いたしました。一人ではアイデアがなかなか浮かばない、細かい部分のテクニックに自信がなく、相談しながら作業を進めたいといったご要望にも柔軟にお応えいたします。

特に、ご家庭ではなかなか創作活動に適した環境を整えられないという方には、集中して作業いただけるので、大変おすすめです。また、手芸をされないお客様のご利用も承っていますので、例えばテレワークでミーティングを行う場合や、動画撮影をする場所としても使いやすいスペースとなっています。ご利用の際には、事前予約が必要となりますため、お電話かホームページで空き状況をご確認いただき、ご都合に合わせたご予約をお願いいたします。